怪我をしないコツ

ベリーダンス

無理せず続けることが重要

ぽっこりお腹をどうにかしたい、女性らしいくびれを作りたいと考えている人におすすめなのがベリーダンスです。お腹や腰を重点的に動かす動作が特徴的なベリーダンスは、ウエスト痩せやくびれを作る効果にとても長けています。ベリーダンスは器具を使う筋肉トレーニングなどに比べると、身体や筋肉にかかる負荷が少なく、負担の少ないダイエット法となっています。だからといって無理をしてしまうと怪我をしてしまうことも考えられるので、ベリーダンスをするときには怪我のリスクを抑えることが重要です。まず、怪我のリスクを抑えるために行いたいのがベリーダンスをする前には必ずストレッチをして、筋肉や靭帯、関節を伸ばすということです。ベリーダンスは激しく身体を動かす動作もあるため約10分から15分ほどストレッチを行い、ほぐしておくというのが怪我対策として効果的です。また、早く効果を実感したいとベリーダンスを始めたばかりなのにも関わらず、長時間踊ってしまう人も少なくありません。日頃、運動不足だったり身体が硬いという人の場合、長く踊ってしまうと考えていた以上に、筋肉や関節に負担がかかり怪我をする危険性が高まります。まずは自分の運動能力を考えた上で、様子を見ながら少しずつベリーダンスをする時間を延ばしていくようにすると良いでしょう。ダイエットは無理せず続けるということが効果的ですので、ベリーダンスも無理なく続けられる範囲から始めることがベストです。